HOME | 研究資料館 | 地域検索 | 採集の記録 | 2017 . 07 . 28 | お知らせ

2017.08.28, Part IX

弥陀ヶ原5(北側の木道東端へ)

北東端にある池塘へ(庄内町),08:49
1,2枚目: アキアカネSympetrum frequens,トンボ科 アカネ属) まだ,赤味は増していない。これからか?それとも雌?
3,4枚目:何度も撮影しているが,大きな実をつけた ニッコウキスゲ(ゼンテイカ,Hemerocallis dumortieri var. esculenta,ユリ科 ワスレグサ属) この辺は以前からニッコウキスゲが多い。


2011年07月の様子(2011.07.18,10:08撮影)。

途中からゆっくりと右にカーブし,最後は南向きとなる(庄内町),08:50

2011年07月の様子(2011.07.18,10:09撮影)。

「氷河時代の植物」と題した案内板の前を通過(庄内町),08:50-08:51
これは以前からある。

少し下りながら,さらに右へカーブ(庄内町),08:51
2枚目:2010年08月の様子(2010.08.28,10:03撮影)。

かつての踏跡の手前で右に折れて南向きとなる(庄内町),08:51-08:52
1枚目:左側の踏跡は北へ向い,以前歩いた御浜池へ向う遊歩道に合流している(はず)。 その途中にも池塘が点在している(はず)。 最近は雨が多いので,今回も踏跡に水がたまっていた。


2013年08月の様子(2013.08.22,08:43撮影)。

2010年08月の様子(2010.08.28,10:03撮影)。 この時,踏跡は乾いていた。

2009年08月の様子(2009.08.26,09:47撮影)。

北東端の木道を南へ(庄内町),08:52-08:53
エゾシオガマPedicularis yezoensis,ゴマノハグサ科 シオガマギク属)
ここでは何度か撮影している。

北東端の木道を南へ(庄内町),08:53
前方右に木道に接する細長い小さい池塘がある。

木道に接する細長い小さい池塘(庄内町),08:53, 08:54, 08:55, 08:56
2枚目:ここで 採集(弥陀ヶ原-06)
3枚目:導電率は 10 μS/cm(20.5℃)。
4枚目:pH は 3.91。ここが一番低い。

木道に接する細長い小さい池塘(庄内町),08:56-08:57
1枚目: ミツガシワMenyanthes trifoliata,ミツガシワ科 or リンドウ科 ミツガシワ属)
やや枯れかけている。
2,3枚目:実が成長した イワショウブTofieldia japonica,ユリ科 チシマゼキショウ属)
4,5枚目: ウメバチソウParnassia palustris,ユキノシタ科 ウメバチソウ属) まだ, 仮雄蕊が残っている。
6枚目:ミズクサと モウセンゴケDrosera rotundifolia,モウセンゴケ科 モウセンゴケ属)

北東端の木道を南へ(庄内町),08:58
2枚目: シロバナトウウチソウSanguisorba albiflora,バラ科 ワレモコウ属)
3枚目:このバッタは ??
フキバッタの仲間か?


2013年08月の様子(2013.08.22,08:44撮影)。

Part X: 弥陀ヶ原6(北側の木道東端)
2017.08.28, 08:58 - 09:07