HOME | 研究資料館 | 地域検索 | 採集の記録 | 2012 . 08 . 21 | お知らせ

2012.08.21, Part V

いろは沼〜地蔵山・熊野岳登山道分岐

いろは沼,潅木地帯の手前で左にカーブしていく(上山市),12:00

2012年06月の様子(2012.06.11,11:59撮影)。

2011年10月の様子(2011.10.13,11:13撮影)。

いろは沼,カーブ左側・潅木地帯の手前にある池塘(上山市),12:01
ここもカップ付き指示棒を使って 採集(いろは沼-6)
観察された生物: トラケロモナス(Trachelomonas volvocina), ディフルギア( Difflugia sp.), ディセマトストマ(Disematostoma bütschlii), マルロモナス( Mallomonas sp.), 珪藻各種, サヤミドロ(Oedogonium), カメガシラモ(Tetmemorus granulatus), ミカヅキモ( Closterium dianaeC. intermediumC. rostratum), ツヅミモ( Cosmarium pseudopyramidatum), イボマタモ( Euastrum ampullaceum), トゲツヅミモ(Xanthidium armatum), ハタヒモ(Netrium digitus), ミジンコ, センチュウ,

いろは沼,左カーブの途中,木道の右側をパノラマ撮影(上山市),12:02
1枚目:右前方に細長い池塘がある。 2枚目:手前,枯れたコバイケイソウVerantrum stamineum)を挟んで両側に小さな池塘がある。 3枚目:後方。

いろは沼,2つ並ぶ池塘の左側で採集(上山市),12:02-12:03
1枚目:上記のように,手前中央にあるコバイケイソウの両側に小さな池塘がある。 下段は,同じ場所を今年06月に撮影したものだが,この頃は池塘の縁がハッキリ見えていた。 現在は周囲の草が育って縁が隠れてしまい,池塘が小さく見える。水位が下がっているのも原因だろうが。
2枚目:両側で採集したかったが,今回は明日も月山の弥陀ケ原で採集する予定なので,ここであまりたくさん採集する訳にはいかない (たくさん採集するとサンプルを十分に観察できなくなる恐れがある)。 ということで左側だけで採集することにした (いろは沼-7)。 下段のように,前回(2012.06.11)は右側で採集していたが,この時はさすがにそこまでは覚えていなかった。
観察された生物: マルロモナス( Mallomonas sp.), 珪藻各種, ヒザオリ(Mougeotia), カメガシラモ(Tetmemorus granulatus), ミカヅキモ( Closterium striolatum), トゲツヅミモ(Xanthidium armatum), ユレモ(Oscillatoria sp.),


2012年06月の様子(2012.06.11,12:01-12:02撮影)。

いろは沼,2つ並ぶ池塘の左側(上山市),12:04
採集直後に,同じ池塘にアオイトトンボLestes sponsa)?が飛来して??に止まった。 望遠撮影。

いろは沼,潅木地帯を左に迂回しつつ進む(上山市),12:05

いろは沼,右に大きな池塘が現れる(上山市),12:05
これまではここでも採集したが,ここはあまり原生生物がいなかった。 上記のように,今回は明日も採集するので,サンプル数を控えたいということで,ここでは採集しないことにした。


2012年06月の様子(2012.10.13,12:05撮影)。

2011年10月の様子(2011.10.13,11:14撮影)。

2010年08月の様子(2010.08.27,11:57撮影)。

いろは沼,休憩所手前の池塘(上山市),12:06
前方に休憩所が見えてくると,その手前にも大きな池塘がある。
2009年,2010年の08月末と同様,池塘の周囲ではキンコウカNarthecium asiaticum)が群生している。


2012年06月の様子(2012.10.13,12:07撮影)。

2011年10月の様子(2011.10.13,11:15撮影)。

2011年06月の様子(2011.06.04,11:03撮影)。

2010年08月の様子(2010.08.27,12:00撮影)。
すでに草紅葉に変わりつつあった。水位はだいぶ下がっていたが,まだ水はあった。

2009年前08月の様子(2009.8.25,11:55-11:56)撮影)。 同じ8月末だが,この年は草紅葉になる直前だった。

2008年前07月の様子(2008.7.13,11:00)撮影)。 ワタスゲがちらほら。この頃が一番瑞々しい景色だ。

いろは沼,休憩所手前の池塘(上山市),12:06
ここでもカップ付き指示棒を使って 採集(いろは沼-8)
観察された生物: ディフルギア( Difflugia claviformis), キルトロフォシス(Cyrtolophosis), マルロモナス( Mallomonas sp.), 珪藻各種, エレモスフェラ(Eremosphaera viridis), サヤミドロ(Oedogonium), ヒザオリ(Mougeotia), コウガイチリモ( Pleurotaenium nodosum), ミカヅキモ( Closterium dianaeC. rostratum), ツヅミモ( Cosmarium pseudopyramidatumC. quadrifarium), イボマタモ( Euastrum ampullaceumE. bidentatumE. sinuosum), ネンジュモ(Anabaena), ミジンコ, 3

いろは沼,休憩所手前の池塘(上山市),12:08
池塘の近くに枯れかけた白い花があった。これは??

いろは沼,休憩所の前を通過(上山市),12:08-12:09

いろは沼,休憩所の前を通過中(上山市),12:09
木道の縁で咲くイワショウブTofieldia japonica)。

熊野岳を眺めに行く(上山市),12:10

熊野岳を眺めに行く(上山市),12:11
左は2010年に復活した遊歩道の入口。 2010年8月(2010.08.27)にはここ(1枚目)に入ってみた。 しかし,次第に茂みが深くなり先が見通せなくなったので,途中で引き返した。 その翌年(2011.06.04)には, 反対側の入口から中へ入ってみたが,遊歩道の近くにあるはずの湿地(湿原?)には到達できなかった。


2011年10月の様子(2011.10.13,11:18撮影)。

熊野岳を眺めに行く(上山市),12:12-12:13
ヨツバヒヨドリEupatorium chinense subsp. sachalinense)に クジャクチョウInachis io)が止まって蜜を吸っていた。 この蔵王いろは沼では,これまでアサギマダラはたくさん観察しているが,このクジャクチョウを見たのは今回が始めて。 結構な数の個体が飛び回っていた。 翅の表面は鮮やかな色彩をしているが,裏面はこのように真っ黒(というか焦げ茶色?)。 カメラを近付けても逃げないので助かったが,なかなか翅を広げてくれない。

Part VI: 地蔵山・熊野岳登山道分岐〜いろは沼
2012.08.21, 12:14 - 12:29