HOME | 研究資料館 | 地域検索 | 採集の記録 | 2017 . xx . xx | お知らせ

2017.06.08撮影

外濠公園で出会った生き物たち

2017.06.08撮影(天気 曇り)
中央線の線路沿いからの眺め,14:26 撮影


3枚目: キヅタ(フユヅタ,Hedera rhombea,ウコギ科 キヅタ属) に似るが,微妙に異なる。
4枚目: シュロTrachycarpus,ヤシ科 シュロ属)

土手上に敷設された歩道沿い,14:26 撮影
1枚目:柵の外側で群生する ドクダミHouttuynia cordata,ドクダミ科 ドクダミ属) まもなく花は終る。すでに花弁が散ってしまったものもあった。
2枚目:これは??
何度も見ているが,似たものがたくさんあって,いまだに種名がわからない。

見なれない植物があった,白い花か蕾み(おそらく蕾み)をつけている,14:26-14:27 撮影
これは xxxxxxxxxx xxxx

土手上に敷設された歩道沿い,14:27 撮影
1,2枚目: これは xxxxxxxxxx xxxx
3枚目: ツワブキFarfugium japonicum,キク科 ツワブキ属) この冬(昨年ではなく,今年の初めだったか?),この辺はいっせいに草木の伐採が行われた。 花が終りかけていたツワブキの多くも姿を消したが,樹木の間にある株だけは生き残った。 刈取られた後からも,新しいツワブキが芽を出して育ちつつある場所もある。

土手上に敷設された歩道沿い,14:28 撮影
1枚目:前方に新見附橋が見えて来た。 数日前まではあの辺で何度か写真撮影をした。
2枚目:斜面で群生する xxxxxxxxxx xxxx

土手上に敷設された歩道沿い,14:29-14:30 撮影
1枚目:新見附橋が迫る。 昨年まではこの辺で ヤブカンゾウHemerocallis fulva var. kwanso,ユリ科 ワスレグサ属) が結構な数,咲いていたのだが,上述の伐採の後,今年は姿が見えない。 数年かけて数を増やしてきたのだが,このまま消えてしまうのだろうか?
2枚目:ふたたび ドクダミHouttuynia cordata,ドクダミ科 ドクダミ属) の大群生。数年前はこの辺では姿を見かけなかったのだが,この1,2年で急速に勢力範囲を増やしてきた。 このまま周辺一帯を覆ってしまうのだろうか? しかし,昨年は新見附橋付近で ヤブガラシ)が目立ちつつあった。 そのヤブガラシがこの土手沿いでも目につくようになった。 もしかすると,ドクダミとヤブガラシの間で競争が起こるかも。
3枚目: パッと見で,昨年やっと名前がわかった タケニグサMacleaya cordata,ケシ科 タケニグサ属) かと思ったが,後で画像を見比べるとかなり異なることに気づいた。 タケニグサでないとすると,これは?

土手上に敷設された歩道沿い,14:30 撮影
1枚目: ヤブガラシCayratia japonica,ブドウ科 ヤブガラシ属) が歩道にまで伸びていた。
2枚目:新見附橋が迫るが,ここで右折して,大学前の交差点へ出る。

交差点手前の植込み,14:30-14:31 撮影
1,2枚目:中心に大きな木があり,その周囲で様々な草木が育っている。
ヒイラギOsmanthus heterophyllus,モクセイ科 モクセイ属) 最近まで青色の実がたくさんついていたが,数が減っていた。
3,4枚目:見ると,その下にたくさんの実が落ちていた。


交差点手前の植込み,14:31-14:32 撮影
1〜3枚目:コンクリートの割れ目で育つ シダの仲間。 イノモトソウPteris mutifida,イノモトソウ科 イノモトソウ属) ,かその仲間,のようだ。
4枚目:これは キヅタ(フユヅタ,Hedera rhombea,ウコギ科 キヅタ属) もしくは,その仲間。

 戻 る