HOME | 研究資料館 | 地域検索 | 採集の記録 | 2016 . xx . xx | お知らせ

2016.11.20撮影

外濠公園で出会った生き物たち

2016.11.20撮影(天気 曇り)
外濠通りから濠(市ヶ谷濠)を眺める,14:28 撮影
たしか昨年(2015)からだったと思うが,濠にいるカモの種類が変わった。 それまでは主に カルガモAnas poecilorhyncha,カモ科 マガモ属) (または マガモAnas platyrhynchos,カモ科 マガモ属) )がメインだったが,昨年から ハシビロガモAnas clypeata,カモ科 マガモ属) の群れをこの濠でよく見かけるようになった(注)。 このカモは,かなりやかましい鳴き声を出すとともに,その行動も他のカモとくらべて活発というか,せわしない。 とくに,昨年は,たくさんの個体が集まって渦をまくように泳ぐ動きをさかんにするのを見かけた。 今年(2016)もつい最近やってきたのだが,昨年と同じ渦巻きダンス?をしていたので撮影した。

注:ちなみにこの外濠には, カワセミAlcedo atthis,カワセミ科 カワセミ属) もいる。ときおり見かける。 他に見かけるのは,カイツブリ,オオバン,カワウ(またはウミウ?),アオサギ,,あと何だったか・・・。

ハシビロガモAnas clypeata,カモ科 マガモ属),14:28-14:30 撮影
1枚目:10〜20羽前後の個体が集まってグルグルと右回り(時計回り)に回転している。 なんとも不思議な動きだ。 2枚目〜:望遠撮影。 皆,くちばしを水につけながら泳いでいる。それじたいは餌を探しながら泳いでいるように見える。 他の個体を追いながらそのように泳ぐために結果として渦をまく?のだろうか?

注:ネットには,2011年にここで同じハシビロガモの渦巻き行動を撮影した画像があった。 それも右回りだ。ただし,他で撮影された画像の中には,左回りしている画像もあった。 渦の回転方向はとくに決まっていない,ようだ。
                        ←動画

ハシビロガモAnas clypeata,カモ科 マガモ属),14:31-14:32 撮影
集団から離れた場所でのんびり泳いでいる個体もあった。 このカモは嘴が異常に大きい(先端に向って幅広い)ので,遠くからでも識別しやすい。

アカメガシワMallotus japonicus,トウダイグサ科 アカメガシワ属),14:32 撮影
道路際の斜面(というか崖)で大きく成長している。 背丈が歩道際のフェンスを越えるようになり,最近,目立つようになった。他でもよく目にする。
葉の形は,若木のうちは3浅裂するが,花が咲くようになると広い卵形になるそうだ。 この個体は,卵形の葉もわずかにあるが,多くは3浅裂タイプだ。まだ若木ということだ。
追記:この年の末だったか,この周辺の大規模な除草作業が行われ,その際, このアカメガシワはすべて撤去されてしまった。近くに生えていた他の樹木は残されたのだが,,,。 そういえば,外濠通り沿いには,桐の幼木も大きな葉を広げていたのだが,これらも全て伐採されてしまった。 理由は何なのだろう?

 戻 る