画像ライブラリィ

アメリカアサガオ×マルバアサガオ

Interspecific hybird of
Ipomoea hederacea (= Pharbitis hederacea) × Ipomoea purpurea (= Pharbitis purpurea)

青紫丸咲

Copyright 1998-2004 米田 芳秋

 交配に用いたアメリカアサガオはヘデラセア葉型であったので,マルバアサガオとの交雑後代で,葉のくびれが見られる個体が多いが,スライド216 の個体は丸葉型である。マルバアサガオも赤色全色の花を親に使ったので,交雑後代の花はいずれも全色で,かつ花は小さかった。スライド214215216は交雑第2代のもの,217218219 は交雑第7代のもので,220 は交雑第3代である。

スライド No. 217


1 x 1

4 x 4

2 x 2

lens 8 x 8


16 x 16

当データベースでは,各画像に対して異なる5つのサイズが用意されています。 その理由は,これらの画像を学術目的で利用する際には,インデックス用(1x1), モニタ表示用(2x2, 4x4, 8x8),印刷用(8x8, 16x16)などと様々な用途が考えられ, それぞれに適したサイズ(または解像度)の画像が必要になるためです。

詳しくは「学術審議会 学術情報資料分科会 学術資料部会」の報告, 「ユニバーシティ・ミュージアムの設置について」を ご覧下さい。
参照箇所:上記報告書中の「学術標本画像データベース作成の指針」/ 「IV.学術標本画像データベースの実際例


Edited by Yuuji Tsukii (Lab. Biology, Science Research Center, Hosei University)