アサガオ百科 種間雑種 

アフリカ系アサガオ×マルバアサガオ条斑点絞り

Copyright 1998-2004 米田 芳秋

アサガオマルバアサガオとの種間雑種が成功したのはアフリカ系アサガオを片親に用いたからである(Yoneda,1976)。空色無地丸咲のアフリカ系アサガオ(スライド066)を雌親とし,交配相手のマルバアサガオとして白地青紫色条斑点絞り花(スライイド171, 172)を選んだ。交配成功率は2〜3%であった。F1では淡青地条斑点絞りが咲いたが, 稔性は低かった。このF2より固定されたのが「静和」である (米田, 1979)。種間雑種形成を確認するために, ペルオキシダーゼ・アイソザイムの分析を行った(Yoneda,1978)。


画像一覧


文献

  1. Yoneda Y (1976) Studies on interspecific hybrid in Pharbitis. I. Morphological observation on a hybrid of Pharbitis nil x Pharbitis purpurea Rep. Dept. Lib. Arts, Shizuoka Univ.(Sci.) 12, 27-34.
  2. Yoneda Y (1978) Studies on interspecific hybrid in Pharbitis. IV. Genetic analysis of peroxidase isozymes in P. nil and P. purpurea hybrid Japan. J. Genet. 53, 35-40.
  3. 米田芳秋 (1979) アサガオ属における種間雑種の研究 日本アサガオとの交雑について 静岡大学教養部研究報告(自然科学篇) 15, 35-45.
  4. 米田芳秋・竹中要 (1981) 原色朝顔検索図鑑 北隆館.
  5. Yoneda Y (1993) Studies on mutable genes of flower variegation in Pharbitis nil and Pharbitis purpurea by interspecific crossings. Rep. Fac. Lib. Arts, Shizuoka Univ.(Sci.) 29,17~25.
  6. Hisatomi Y, Yoneda Y, Kasahara K, Inagaki Y and Iida S (1997) DNA rearrangements at the region of the dihydroflavonol 4-reductase gene for flower pigmentation and incomplete dominance in morning glory carrying the mutable flaked mutation. Theoretical and Applied Genetics 95:509-515.


Edited by Yuuji Tsukii (Lab. Biology, Science Research Center, Hosei University)