アサガオ百科 近縁種 

マルバアサガオ

Ipomoea purpurea

Copyright 1998-2004  米田 芳秋
マルバアサガオも熱帯アメリカ原産である。1629年にはフランスに移入されている(L. ギィヨ,P. ジバシエ)。花径は5〜6センチで,葉は丸葉型である。多花性で,秋の低温時にも開花結実する性質があるので,ヨーロッパ,アメリカで古くから栽培されており,多くの園芸品種が育成されている。日本への渡来は寛永7年(1630)ごろに福岡地方で「八房」と称したもの(最新園芸大辞典1969第4巻p.2104誠文堂新光社)とされているが,条斑点絞り系統は明治中頃に輸入されたようだ(永沼, 1903)。

マルバアサガオに関する遺伝の研究は特に条斑点絞りを中心に開始され(Barker, 1917),日本ではImai (1927)が花色に関して中間遺伝がみられることを発表した。最近では条斑点絞りの出現機構として色素合成遺伝子に挿入されているトランスポゾンが関与していることが解明されつつある。

Ipomoea purpurea (=Pharbitis purpurea)
スライド No. 164-177, 237-238
葡萄色 青紫色 薄紅 濃赤
濃紅 海老茶 曜斑点
spotted
青紫条斑点絞
Flaked
青紫条斑点絞
Flaked
赤条斑点絞
Flaked
赤ひげ咲
Feathering
白ひげ咲
Feathering
白ひげ咲
Feathering
花色の遺伝
Flower color inheritance; red x white
染色体
染色体と核型
文献
  1. 永沼小一郎 (1903) まるばあさがほ図解 朝顔の研究 第1巻11号 p.9
  2. Barker, E.E. (1917) Heredity studies in the morning-glories (Ipomoea purpurea (L.) Roth) Bu11. Agric. Exp. Sta. Cornell Univ. 392: 3-38.
  3. 今井喜孝 (1920) あさがほ属ノ遺傳学的研究(第3報)植物学雑誌34: 217-245.
  4. lmai, Y. (1927) The genetics of Pharbitis purpurea. J. Coll. Agr., Imp. Univ. Tokyo 9: 199-222.
  5. Imai, Y., Tabuchi, K. (1935) Recurrent mutation in the flaked alleles of Pharbitis purpurea. J. Genet 35: 433-446.
  6. 笠原基知冶 (1956) 易変遺伝子を主としたマルバアサガオの遺伝的研究. 法政大学教養部研究報告第1号,1-31.
  7. 長田武正 (1972) 日本帰化植物図鑑 北隆館.
  8. 米田芳秋, 竹中要 (1981) 原色朝顔検索図鑑 北隆館.
  9. Ennos, R.A., Clegg, M.T. (1983) Flower color variation in the morning glory, Ipomoea purpurea. J. Hered. 74: 247-250.
  10. Schoen, D.J., Giannasi, D.E., Ennos, R.A., Clegg, M.T. (1984) Stem color and pleiotropy of genes deter-mining flower color in the common morning glory. J.Hered 75: ll3-ll6
  11. Epperson, B.K., Clegg, M.T. (1987) Instability at a flower color locus in the morning glory. J. Hered. 78: 346-352
  12. Epperson, B.K., Clegg, M.T. (1988) Genetics of Flower color polmorphism in the common morning glory (Ipomoea purpurea). J. Hered 79: 64-68
  13. Yoneda, Y. (1990) Japanese Morning Glory. In: Amirato,P.V.,Evans,D.A.,Sharp,W.R.,Bajaj,Y.P.S.(eds) 0rnamental Species. Handbook of Plant Cell Culture, Vol 5: 509-533 McGraw-Hill Publ.Co., New York.
  14. Epperson, B.K., Clegg, M.T. (1992) Unstable white flower color genes and their derivatives in the morning glory. J. Hered. 83: 405一409.
  15. ギイヨL,ジバシエP著 飯田年穂,瀬倉正克訳(1991)植物の名前 八坂書房.
  16. 米田芳秋 1995 アサガオ 江戸の贈りもの −夢から科学へー 裳華房.
  17. Fukuda-Tanaka, S., Hoshino, A., Hisatomi, Y., Habu, Y., Hasebe, M. and Iida, S. (1997) Identification of new chalcone synthase genes for flower pigmentaiton in the Japanese and common morning glories. Plant & Cell Physiol 38: 754-758
  18. Hisatomi, Y., Yoneda, Y., Kasahara, K., Inagaki, Y. and Iida, S. (1997) DNA rearrangements at the region of the dihydroflavonol 4-reductase gene for flower pigmentation and incomplete dominance in morning glory carrying the mutable flaked mutation. Theoretical and Applied Genetics 95: 509-515.


Edited by Yuuji Tsukii (Lab. Biology, Science Research Center, Hosei University)