アサガオ百科 種間雑種 

アメリカアサガオ×日本系アサガオ

Copyright 1998-2004 米田 芳秋

アメリカアサガオアサガオにもっとも近縁の植物である。すでに萩原(1937)によって両種が低率ではあるが交配でき,F1に稔性があり,さらにF2の分離も正常であることが確かめられた。アメリカアサガオ独特のヘデラセア葉は丸葉に対して優性である。筆者も両種の交配を行ない,F1とF2における葉形とペルオキダーゼ・アイソザイムを観たが,期待通りの結果を得ている。交配によってアサガオに取り込まれたヘデラセア葉はトンボ葉,洲浜葉などと組み合わされると面白い葉形を生じる。しかし花にはほとんど変異が生じない。

  ヘデラセア葉×丸葉の遺伝(萩原, 1938)
  ヘデラセア葉×三尖葉,ペルオキシダーゼアイソザイムの遺伝 (Yoneda,1977)

文献

  1. 萩原時雄 (1937) アメリカアサガホ×アサガホに於て見られる葉形に関する複対立因子に就て. 植物及動物 5: 2160-2162.
  2. Yoneda Y (1977) Studies on interspecific hybrid in Pharbitis. Genetic analyses of leaf shapes and peroxidase isozymes in P. hederacea x P. nil hybrid. Rep. Dept. Lib. Arts, Shizuoka Univ.(Sci.) 13, 43-47.
  3. 米田芳秋・竹中要 (1981) 原色朝顔検索図鑑 北隆館.


Edited by Yuuji Tsukii (Lab. Biology, Science Research Center, Hosei University)